楽学日本語教室

基礎編

母音

日本語の母音は、「あ」、「い」、「う」、「え」、「お」の5つです。
【特徴】
 ① 息を妨害せずに、口の中に共鳴させること。
 ② 口の形を意識して発音すること。
「あ」:一番口が大きく、舌はどこもつけずに、力を抜いて発音する。
「い」:口をあまり開かないで、唇を少し横に引いて、前舌を盛り上げて発音する。
「う」:口をあまり開かないで発音する。舌もあまり奥に引かないで発音する。
「え」:「い」より口を開いて発音する。
「お」:「う」より口を開いて発音する。



子音

子音は、口の中のどこかに狭い部分を作って、息の流れを邪魔して作る音です。
子音をマスターするには、下記2点がとても大事です。
 ① その「じゃま」をどんな種類のものか ⇒ 調音法
 ② 口の中でどこに「じゃま」を作るか ⇒ 調音点

調音法

調音法は口腔内における呼気の妨害の方法です。
 ・鼻音:口の中を調音点で完全に閉鎖し、鼻腔から息を出す。
 ・破裂音:口の中を調音点で完全に閉鎖し、その後開放して一気に息を出す。
 ・摩擦音:口の中を調音点で狭めて作り、隙間に呼気をとおす。
 ・破擦音:破裂音を出した直後に摩擦が起き、破裂と摩擦が合成される。
 ・弾き音:調音点を舌が一回弾くように触れて、はじく。

調音点

調音点は口腔内で呼気の妨害をする位置です。

口腔図

纏め

カ行(か き く け こ)

サ行(さ し す せ そ)

タ行(た ち つ て と)

ナ行(な に ぬ ね の)

ハ行(は ひ ふ へ ほ)

マ行(ま み む め も)

ヤ行(や ゆ よ)

ラ行(ら り る れ ろ)



応用編

アクセント

「アクセントの核」とは

日本語のアクセントは、高低の2段の高さに分かれています。
アクセントが高から低に変わるところをアクセントの核と言います。
例えば、
 箸(は↓し)は、「は」の後に、
 食べる(たべ↓る)は、「べ」の後に、
 休み(やすみ↓)は、「み」の後にアクセントの核があります。

「アクセントの分類」とは

アクセントの核の有無によって起伏型(きふくがた)、平板型(へいばんがた)に分かれています。
さらに、核のある位置によって頭高型、中高型、尾高型に分かれています。

動詞のアクセント

動詞のアクセントも起伏型と平板型に分かれています。
「て形」、「ない形」、「ば形」、「意向形」、「可能形」によって、アクセントの核が変わります。
動詞のアクセントをマスターすることで、日本語発音上達の近道です。

助数詞のアクセント

助数詞は、数後ろに付ける言葉です。
教科書などの参考資料が少ないため、変なアクセントになってしまうことが多いです。
日常会話でよく使う助数詞を下表に纏めています。